北海道の法人・個人事業主の皆様へ、自動車保険共済についての情報をお届けします。

0120-42-9431
MENU

もっと知ろう!自動車保険・共済

法人自動車保険・共済 車が2台以上に増える時、等級はどうなるの?

法人自動車保険・共済 車が2台以上に増える時、等級はどうなるの?

 自動車保険(共済)には、段階的に無事故割引が付く等級制度というものがあります。

 初めて自動車保険(共済)に入る時は、通常6等級ですが、車が2台以上に増える場合、何等級になるのかわかりにくいですよね。

 既にある車の等級が最高の20等級(63%割引)なので、もう一台の車も当然20等級(63%割引)で加入できるだろう!なんて思ってしまいがちですよね。

 そこでこのページでは、自動車保険(共済)で車が2台以上に増える時、等級はどうなるのかについて、ご紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

STEP1 法人自動車保険・共済 車が2台以上に増える時、等級はどうなるの? 等級とは

 等級とは通常1~20まであります。自動車保険料(共済掛金)はこの等級によっても割増引率が決まります。割引率が一番大きいのは20等級です。通常、保険(共済)期間の1年間、保険(共済)金の支払いがない場合に1等級上がります。

STEP2 法人自動車保険・共済 車が2台以上に増える時、等級はどうなるの? 法人契約の場合

 法人契約の場合は、仮に、既にお持ちのお車が20等級であった場合でも、2台目の車は6等級から始まります。3台目以上の場合も同様にそれぞれ6等級からの契約となります。

 なお、個人契約のケースは、通常1台目が11等級以上の場合、2台目は6等級ではなく7等級から契約できます。

STEP3 法人自動車保険・共済 車が2台以上に増える時、等級はどうなるの? 相談しよう!

 法人契約の場合、基本的に増える車は6等級から開始されますが、車が増えると同時に1台目の車を増える(新しく購入した)車に入れ替えて、はき出された車※を2台目として加入する方法があります。

 その方がお得になることがあります。

※入れ替えたことにより無任意保険(共済)状態になった車

 例えば、1台目のお車が20等級(63%割引)で年齢条件が35歳以上で、増える車の年齢条件が全年齢(20歳以下もOK)のケース等です。

 年齢条件が低くなると、保険料(掛金)は上がるため、そちらに等級が高い方を使うとトータルの保険料(共済掛金)はお得になるのです。

 詳しくは、保険会社(共済組合)もしくは保険代理店(共済代理所)へ相談してみましょう。

 なお、その際、はき出された車は無任意保険(共済)状態になる為、6等級から契約します。

まとめ 

法人自動車保険・共済 車が2台以上に増える時、等級はどうなるの?をまとめました。

STEP1 法人自動車保険・共済 車が2台以上に増える時、等級はどうなるの? 等級とは

STEP2 法人自動車保険・共済 車が2台以上に増える時、等級はどうなるの? 法人契約の場合

STEP3 法人自動車保険・共済 車が2台以上に増える時、等級はどうなるの? 相談しよう!

 車が2台以上に増える時、既にある車を入れ替えた方が良い場合がありますので、保険料(共済掛金)の試算等を保険会社(共済組合)や保険代理店(共済代理所)へ相談しましょう。

 どのようにすればお得なのか、アドバイスしてくれますよ!

お問い合わせはお気軽に。