北海道の法人・個人事業主の皆様へ、自動車保険共済についての情報をお届けします。

  • 0120-42-9431
  • お見積り

法人自動車共済とは

法人向けの自動車保険・共済選び

about_7708346_M.jpg「法人自動車共済.com」は、北海道の法人・個人事業主の皆様へ、自動車保険・共済の情報をお届けするサイトです。自動車保険・共済の見積もりや、更新・見直しをご検討中の社長様、ご担当者様に、ぜひ知っておいていただきたい事をお伝えしていきます。

現在、日本では約85%の車に自動車保険・共済が付いていると言われています。
自動車保険・共済を取り扱うのは、「保険代理店」「通販」「共済」などがあり、それぞれに得手不得手があります。保険料が高くなりがちだったり、契約台数にしばりがあったり、自動車保険・共済に関する知識がないと時には損をしてしまうこともあるかもしれません。

より良い選択をするために必要なポイントをおさえていきましょう。

自社に本当に必要な自動車保険・共済は?

法人向け自動車保険・共済には、多くの法人・個人事業主の方が加入されていますが、会社の規模や考え方により必要となる補償は様々です。会社の規模や、所有している車の状態によっても変わってくるでしょう。
例)

  • もう10年も使っている車なので車両保険の見直しを検討
  • 若い従業員がいないので年齢条件の見直しを検討

本当に必要な、自社に合っている商品を選び、無駄なランニングコストは発生させたくないものです。

自賠責の補償範囲と任意保険・共済

日本には法律で加入が義務付けられている自賠責保険・共済があります。
補償内容は対人賠償のみですが、「傷害による損害」で一人当たり120万円、「死亡」「後遺障害」で一人当たり3,000万円~4,000万円を限度に保険・共済金が支払われます。
その補償だけでは足りない高額な対人賠償や、その他の対物賠償、自車両の補償といった部分を補うのが任意の自動車保険・共済となります。

損害内容補償内容被害者1名についての限度額
傷害 治療関係費、文書料、休業損害および慰謝料 上限120万円
死亡 葬儀費、逸失利益、被害者および遺族の慰謝料 上限3,000万円
後遺障害 障害の程度に応じて逸失利益および慰謝料等 上限4,000万円
(常時介護を要する場合)
  • 車検前に自賠責保険(共済)を準備しておきたいユーザーの4ステップ

どうすればいい?法人自動車保険・共済の見直し

自動車保険・共済を契約し、ずっとそのまま...では、損をしている可能性があります。更新は原則として1年ごと。こまめに見直し、ランニングコストを節約しましょう。
見直しの際、補償を下げれば料金は下がりますが、安易に下げないほうがよい補償もあります。
見直しについてはよく検討し、最適な選択をしていきましょう。

北海道で自動車共済をお探しの方におすすめ